Picot Pichord #1 [PRNI-0004]

M3-2014秋 新譜 Prictnium ゲーム音楽アレンジ ミニアルバム

紹介コメント

今回は今までと趣向を変えたゲーム音楽アレンジアルバム第1弾! メンバーの気になるゲーム音楽を Prictnium 流にアレンジしています。

1曲目は、Koyotaka S. 選曲・編曲の「F1サーカス」(日本物産 / PCE) よりオープニングの曲(正式名称は不明)。

こよ(選曲・編曲コメント):
作曲は日本物産のサウンドコンポーザー小川博司氏。このゲーム、Koyotaka は PCE版でプレイしてました(全然クリアできないけど)。レースゲーム界隈ではかなり良作と言われ、プレイのスピード感はまさにF1。でも今回チョイスはレース中の曲ではなく、これから始まる激闘を暗示させるどこか物哀しい曲。サックスやエレピ、ピアノ、ベース、それぞれの表情をご堪能あれ。

2曲目は Tetpastorius 選曲、MachiaWorx 編曲のクロックワークナイト上巻」より「ボスBGM2」のアレンジ「hobby battle!」

てと(選曲コメント):
今でも一番好きなハード”セガサターン”で、私が最初にプレイしたゲームがこのクロックワークナイト。どれもワクワクさせる曲揃いだけど、中でもファンキーでノリの良いボス戦BGMをセレクト。
まきゃ(編曲コメント):
クロックワークナイトは、私も実はプレイしたことがあったので、曲が流れるボスとかの雰囲気を考えながら、原曲のファンクっぽさを崩さず、Prictniumらしい3者のアプローチを押し出せるような緊張感のある構成にしてます。

3曲目は MachiaWorx 選曲、Tetpastorius 編曲の「アトラク=ナクア」より「Atlach-nacha~Going on」

まきゃ(選曲コメント):
自分がPCゲームに興味を持つきっかけとなったソフトのひとつ、アトラク=ナクア。選曲は、最終決戦時に流れる曲のひとつ「Atlach-Nacha ~Going on」、ゲームの終盤を大いに盛り上げる印象深い曲の一つをセレクトしました。
てと(編曲コメント):
原曲の心を揺さぶるメロディーラインを活かしつつ、グルーヴ感のある歯切れよい仕立てにアレンジしてみました。この曲はゲストドラマーShow-Hey氏による生ドラムで挑んでます。

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

トラックリスト

  1. F1 Circus
  2. hobby battle!
  3. Atlach-nacha~Going on

M3 2014春 頒布情報

出展スペース:第二展示場 1階 う26a
イベント価格:300円 特価!

※2014 M3 秋 以降も各種イベントにて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。http://prictnium.net/img/bn/bn004.png (500x100)

Comments are Disabled