Discography

Penta [PRNI-0008]

アルバム紹介

おかげさまでPrictniumは、2017年秋のM3で5周年になります。デビュー当時(1作目のEartSia)から応援してくださる方や、最近知ってくださる方々のおかげで、ここまで続けることができた、というのは5年前には全く予想の付かないものですね。この場を借りて御礼申し上げます。

この5年間で、メンバーもドラムが正式に増え、4名体制になり、途中ゲストメンバーに参加してもらったアルバムもあります。

ということで、せっかくなので、5周年記念アルバムをリリースします! というのが今回の企画です。

Prictnium 8作目となる今回のアルバムは、ベストアルバム。とはいえ、単に過去の音源の詰め合わせでは、なんにも面白くないですし、第一、僕ら自身もそういうベスト盤は欲しくない・・・。

というわけで、今回のベスト盤に収録する過去にリリースした曲は、全て、「新アレンジ」で「再録」することにしました!

今回取り上げる範囲は、2012年の1作目「EarthSia」から、2013年の「relish」、2014年の「焔-HOMURA-」まで。

知ってる曲もこうしてアレンジを変えて聞いてみると、其の曲のまた別の側面を感じるものだから不思議です。

是非、過去曲を聞いたことがない方は、試聴でも良いので事前にお耳に挟んでおくことをオススメします。

そして、過去曲のアレンジだけでは飽き足らず、加えて、1曲の新曲と、著作権切れジャズ・スタンダード曲から1曲、合計2曲で挟みました。

今回はジャズというよりも、全体的にロックやフュージョンなど熱いアレンジが多め。もちろん、いつものprictniumらしく、構成メンバーそれぞれの特徴を混ぜ混ぜした、オリジナルジャズアルバムをお届けします!

Creative Commons – Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

M3 2017秋 頒布情報

出展スペース:第一展示場 O-05b
イベント価格:1,000円

※2017秋M3以降も各種イベントにて頒布予定ですが、現時点で増刷の予定はございません。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければダウンロードしてご利用下さい。(500x100px)

アルバムアートワーク

トラック&ライナーノーツ

1. Pentatonium
5周年目の新曲フュージョン。この曲は、メンバーそれぞれが断片フレーズを持ち寄って、それを組み合わせて合体させて制作した曲。全く雰囲気の違うフレーズを組合せて、1つの曲を作るというのも不思議な感じになって面白いでしょう?
2. EarthSia -2017-
1作目のアルバムタイトル「EarthSia」の新録アレンジ。元のアレンジとはうって変わって、アダルティでちょっと妖艶な雰囲気をまとったアレンジに。ジャズらしく、ソロ回しはソプラノサックス、ベース、エレピとそれぞれ特色が出ていてフレーズも美しく、一聴の価値ありです。
3. Momentum -2017-
これも元の曲のイメージと違う! エレピのリズミカルでエッジの聞いた印象的なバッキングから始まり、トランペットが熱く歌います。ドラムとベースもしっかりロックしながら曲を支えてます。ロックだけれどちゃんとソロ回しもあって、エレピ、トランペット、ドラムがジャムってます!
4. relish -manpuku-
2作目のアルバムタイトル「relish」から。この曲は、実は色んなアレンジが既に過去のアルバムに収められています。-zensai-、-hashi yasume-、-shime!-、-Okawari- と来て、今回は -manpuku-。そんなに同じ曲を聴かされても…って? いえいえ、このアレンジはクールなジャズでまた必聴なんです!
5. 十字航路 -2017-
2作目「relish」から十字航路を。熱いオルガンと、サックスとトランペットのダブルホーンで、ロックフュージョンな新アレンジ。元はリズムはカホンでしたが、今回はばっちりドラムも鳴って、ベースもウネウネ動いていて、エンディングまで突っ走るこの感じ。聞き逃せませんよ。
6. 焔 -2017-
3作目のアルバムタイトル「焔」から。拍子が変わって6/8。これがまた、なんとも特徴的なピアノバッキングを生み出しているのです。このアレンジはメンバーのテトさんとマキャさんのアイデアを合作したもの。元の曲が持つ渋さと、このアレンジの熱く複雑な勢いもイイものです。
7.My Little Suede Shoes
アルバムのラストはチャーリー・パーカー作曲のジャズ・スタンダードのアレンジ。Pricnium流のアレンジで、普通のジャズとは一味違ったジャンルミックス加減になっております。この雰囲気をなんと表現したらよいのか、カワイイような、大人なような。

Travel Maker [PRNI-0007]

アルバム紹介

Prictnium 7作目となる今回のアルバムは、春のリリースに合わせ、爽やか・ノリノリ楽曲を詰め込んだフルアルバムです。「ドライブ・おでかけ・お散歩」のお供にぴったりな全7曲のオリジナルジャズナンバーを収録!

アルバムの前半戦は、軽快な楽曲が続きます。爽やかで明るいポップ・インストゥメンタル・バンド楽曲「SCHS」から始まり、ミディアムアップテンポでちょっと民族調ファンキーなスピード感のある「Homer」、シンセが印象的で、各パートのアドリブラッシュが楽しめる軽快な4ビートジャズ「Starlight Swing」、と続きます。

4曲目からは、梅雨どきを思わせる少ししっとりとしたナンバー「あるいは傘でいっぱいの街」で、ちょっと小休止。の、あと、5曲目からはブルース・ロックでギターが渋く、ドラムは熱く響かせる「Lastrain」。6曲目の「多摩川」は、3拍子のジャズで、ゆらりゆらりとシンセ、サックス、ベースへとアドリブが流れます。ラストの「Welcome to 21st Century」は、メンバーのMachiaWorx名義で「世紀末コンピ」に収録した曲のPrictniumアレンジ版。ノリノリフュージョンでアルバムの最後を締めくくります。

前作に引続き、今回も各メンバーの楽器を原則固定。シンセ、サックス、ピアノ、ベース、ドラムを基本編成に、曲に応じてギターやオルガンなど持ち替えや追加していっています。今回はジャズというよりも、全体的にフュージョン(ポップス・ロック)に近いイメージですが、もちろん、いつものprictniumらしさは健在? 春らしいオリジナルジャズアルバムをお届けします!

Creative Commons – Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

M3 2017春 頒布情報

出展スペース:第二展示場 い-08b
イベント価格:1,000円

※2017春M3以降も各種イベントにて頒布予定ですが、現時点で増刷の予定はございません。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。(500x100px)

トラック&ライナーノーツ

1. SCHS
ちょっと気が早いですが、爽やかな夏をイメージした一曲で幕開け。夏だ!海だ!バーケーション! 軽快なリズム隊に、サックスとシンセの爽やかなメロディーがひと夏の思い出を彩ります。
– Tetpastorius (b, p), Koyotaka Sambown (ts), MachiaWorx (synth), Showhey(ds)
2. Homer
印象的なピアノシーケンスから始まり、ファンクを中心とした編曲の上に北欧的なメロディが流れる異国情緒溢れるナンバー。聞いてる中で別の国に訪れる感覚を楽しめます。
– MachiaWorx (p, org), Tetpastorius (b, a.g), Koyotaka Sambown (as), Showhey(ds)
3. Starlight Swing
テンション上げたいネオンを流し見る夜のドライブにオススメ。王道4ビートジャズを、印象的なシンセで色付けしたナンバー。テーマから各パートソロ、フォーバースと繋がり、各パートのアドリブ掛け合いが楽しめます。
– Koyotaka Sambown (ts, p), MachiaWorx (synth), Tetpastorius (b), Showhey(ds, per)
4. あるいは傘でいっぱいの街
梅雨時をイメージしたしっとりナンバー。ゲストピアニストRocoさんの繊細なピアノに優しく寄り添うメロディー。雨の日こそ、お気に入りの傘でお散歩してみては?
– Tetpastorius (b), Roco Shiranuhi (p*guest), Koyotaka Sambown (ts), MachiaWorx (org), Showhey(ds)
5. Lastrain
一転して深夜の首都高をヒリヒリと駆けるような疾走感あるナンバー。クランチトーンのリード・ギター、うねるリズム隊。くれぐれもアクセルの踏みすぎにはご注意ください。
– Tetpastorius (g, b), MachiaWorx (p), Showhey(ds)
6. 多摩川
多摩川の河川敷沿い、川の流れを眺めながらゆったり散歩。3拍子のジャズで、ゆらりゆらりとシンセ、サックス、ベースへとアドリブが流れます。落ち着いた中にもどこか力強さを感じさせる川。河川敷でぼーっとするにはこれからいい季節ですね!
– Koyotaka Sambown (ts), MachiaWorx (synth), Tetpastorius (b), Showhey(ds)
7. Welcome to 21st century
アルバムのラストを飾る、フュージョン風味のナンバー。「希望あふれる世紀末」をイメージしたメロディをサックス・ドラム・ピアノ・ベース・シンセが色彩豊かに彩る、楽曲になっております。
– MachiaWorx (synth), Koyotaka Sambown (ts, p), Tetpastorius (b), Showhey(ds)

アルバムアートワーク

Cobalt Blue [PRNI-0006]

アルバム紹介

Prictnium 約1年ぶりの新作! 著作権切れのスタンダードジャズナンバーアレンジを含む全3曲のジャズアルバムです。ジャムセッション風のサイバーな楽曲、ダークな短調で浮遊感のある16ビートジャズ、そしてソニー・クラークのあの曲のアレンジ、ミニアルバム3曲入りですがアルバムタイトルにふさわしい濃厚でブルーな時間をお届け。

さて、今までのアルバムでは、各メンバーで複数の楽器を掛け持ちする事が多かったわけですが、今回からは各メンバーの楽器を原則固定。サックス、アナログシンセ、ピアノ、ベース、ドラムという編成に限定。この制約のある中でどのように音楽を作ってゆくか、が隠れテーマでした。

もちろん、いつものprictniumらしさは健在? 前作に引き続きの Koyotaka、MachiaWorx、Tetpastorius、Showheyの4人体制で更にバンド編成に磨きをかけたオリジナルジャズアルバムをお届けします!

Creative Commons – Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

M3 2016秋 頒布情報

出展スペース:第一展示場 D-12b
イベント価格:500円

※2016 M3 秋 以降も各種イベントにて頒布予定ですが、増刷見込みはありません。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。(500x100px)

トラック&ライナーノーツ

1. Cobalt
ドラムとベースのGroovyなイントロから始まり、サックスとシンセの図太いテーマへ突入。サックスソロはSwingの4ビート、シンセのソロはサイバーな雰囲気で。フュージョンとジャズの中間のような緩急のあるノリノリ楽曲。
– Koyotaka Sambown (ts,p), MachiaWorx (Synth), Showhey (ds), Tetpastorius (b)
2. 窓灯り
マイナーでブルーなスローめの楽曲。ドラムとピアノがちょっと複雑? サックスとシンセのダブルリードでしっとりとブルージーに聴かせる音色の違いに注目。そして曲全体の独特の浮遊感をご堪能あれ。
– Koyotaka Sambown (ts,p,ds), MachiaWorx (Synth), Tetpastorius (b)
3. Blue Minor
ソニー・クラークのBlue Minorのアレンジ。ベースのソロイントロが印象的。そこから雪崩れ込むようにテーマへ。名曲というのものは凄いですね。どんなアレンジでもかっこいい。ノリノリである。
– Koyotaka Sambown (ts,p,ds), MachiaWorx (Synth), Tetpastorius (b)

PEONY [PRNI-0005]

アルバム紹介

Prictnium 約1年ぶりの新作! 初のボーカル曲を含む全5曲のオリジナルジャズアルバムです。今回は原点回帰をもう1つのテーマとして、よりジャズっぽい曲を詰め込んでおります。

アルバムタイトルの「PEONY」とは芍薬の意味。ジャケットの写真にもある花です。「立てば芍薬、座れば牡丹、歩く姿は百合の花」と言われるように美しいものの代名詞。そんな芍薬にあやかって、秋の夜長に似合う、しっとりジャズ曲を詰め込みました。実は、芍薬は初夏の花だったりするのですが…、細かいことは気にしない…。

さて、今作からは、前作までゲストだったドラムのShowheyを正式メンバーに迎え、ドラム生演奏を収録。さらに!ゲストボーカルに Aiさん を迎え、Prictnium 初のボーカル曲を収録。さらにさらに!ピアニスト Koyome がピアノ生演奏で参加。

もちろん、いつもの、サックス、ベース、キーボードももちろん健在。Koyotaka、MachiaWorx、Tetpastorius、Showheyの4人体制でパワーアップした、聴き所満載のオリジナルジャズアルバムをお届けします!

Creative Commons – Attribution-NonCommercial-ShareAlike 4.0 International

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

M3 2015秋 頒布情報

出展スペース:第二展示場 コ 37b
イベント価格:500円

※2015 M3 秋 以降も各種イベントにて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。(500x100px)


トラック&ライナーノーツ

1. Mahogany
クールなベースイントロから始まり、ドラム、ピアノが重なり合いテーマへ突入。テナーサックスとトランペットのソロありのスタンダードなジャズ。
– Koyotaka Sambown (ts,tp,p), Tetpastorius (b), Showhey (ds)
2. 経てば芍薬
昭和歌謡なテイストをほんのり取り入れた、ゲストボーカルをお招きしてのPrictnium初の歌もの。キャッチーなメロディに重なるフルート、サックス、ピアノ、ベース、生ドラムの豪華編成。
– Ai (vo), Tetpastorius (b), Showhey (ds), MachiaWorx (p), Koyotaka Sambown (fl,ts)
3. Outset
秋の夜長にぴったりの、しっとりしたジャズナンバー。生ドラムのブラシサウンドと、しっとり奏で上げるピアノ、サックスとトランペットをお楽しみください。
– Koyotaka Sambown (ts,tp), Koyome (p), Tetpastorius (b), Showhey (ds)
4. Dr.Moon
クールで渋めの5拍子曲。溜めとグロウルの効いた、魂揺さぶるSaxソロ、駆けまわるエレピ、クールなベースソロを是非ご堪能あれ。
– MachiaWorx (p), Tetpastorius (b), Koyotaka Sambown (ts,ds)
5. Augurio
ギターとフルートのユニゾンで奏でるボサノバ。ギター、ピアノ、フルートのソロありの、ほんのり哀愁感あれど爽やかな1曲でアルバムの最後を締めくくります。
– Tetpastorius (b, gt, ds), MachiaWorx (p), Koyotaka Sambown (fl)

Picot Pichord #1 [PRNI-0004]

M3-2014秋 新譜 Prictnium ゲーム音楽アレンジ ミニアルバム

紹介コメント

今回は今までと趣向を変えたゲーム音楽アレンジアルバム第1弾! メンバーの気になるゲーム音楽を Prictnium 流にアレンジしています。

1曲目は、Koyotaka S. 選曲・編曲の「F1サーカス」(日本物産 / PCE) よりオープニングの曲(正式名称は不明)。

こよ(選曲・編曲コメント):
作曲は日本物産のサウンドコンポーザー小川博司氏。このゲーム、Koyotaka は PCE版でプレイしてました(全然クリアできないけど)。レースゲーム界隈ではかなり良作と言われ、プレイのスピード感はまさにF1。でも今回チョイスはレース中の曲ではなく、これから始まる激闘を暗示させるどこか物哀しい曲。サックスやエレピ、ピアノ、ベース、それぞれの表情をご堪能あれ。

2曲目は Tetpastorius 選曲、MachiaWorx 編曲のクロックワークナイト上巻」より「ボスBGM2」のアレンジ「hobby battle!」

てと(選曲コメント):
今でも一番好きなハード”セガサターン”で、私が最初にプレイしたゲームがこのクロックワークナイト。どれもワクワクさせる曲揃いだけど、中でもファンキーでノリの良いボス戦BGMをセレクト。
まきゃ(編曲コメント):
クロックワークナイトは、私も実はプレイしたことがあったので、曲が流れるボスとかの雰囲気を考えながら、原曲のファンクっぽさを崩さず、Prictniumらしい3者のアプローチを押し出せるような緊張感のある構成にしてます。

3曲目は MachiaWorx 選曲、Tetpastorius 編曲の「アトラク=ナクア」より「Atlach-nacha~Going on」

まきゃ(選曲コメント):
自分がPCゲームに興味を持つきっかけとなったソフトのひとつ、アトラク=ナクア。選曲は、最終決戦時に流れる曲のひとつ「Atlach-Nacha ~Going on」、ゲームの終盤を大いに盛り上げる印象深い曲の一つをセレクトしました。
てと(編曲コメント):
原曲の心を揺さぶるメロディーラインを活かしつつ、グルーヴ感のある歯切れよい仕立てにアレンジしてみました。この曲はゲストドラマーShow-Hey氏による生ドラムで挑んでます。

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

トラックリスト

  1. F1 Circus
  2. hobby battle!
  3. Atlach-nacha~Going on

M3 2014春 頒布情報

出展スペース:第二展示場 1階 う26a
イベント価格:300円 特価!

※2014 M3 秋 以降も各種イベントにて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。http://prictnium.net/img/bn/bn004.png (500x100)

焔 -HOMURA- [PRNI-0003]

M3-2014春 新譜 Prictnium オリジナル&アレンジ ミニアルバム

紹介コメント

オリジナル2曲、アレンジ1曲を含む全3曲のミニアルバム。キャッチーなテーマ部のメロディとジャズっぽさをバランスよく大事に練り込んだ、渋いアルバムとなっています。

1曲目はアルバムタイトルである"焔"(ほむら)。作曲を担当したTetpastoriusお得意の渋いメロディに、サックスとピアノ、ベース、ドラムとシンプルな編成で冒頭を飾ります。

2曲目は Prictnium として"初"のアレンジ作品。艦隊これくしょんの「工廠・補給・入渠・改装」のBGMをPrictnium 流にアレンジしています。

3曲目は前作アルバム"relish"で interlude などとして盛り込んでいた relish のフルバージョンアレンジです。アップテンポに絡み合うサックス、ピアノ、ベースをご賞味ください。

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

リンクバナー

本アルバムのご紹介用リンクバナーです。よろしければご利用下さい。http://prictnium.net/img/bn/bn003.png (500x100)

トラックリスト

  1. 凪待ち -Theme of navy yard-(艦これアレンジ)
  2. relish -Okawari-

M3 2014春 頒布情報

出展スペース:第一展示場 C01a
イベント価格:300円 特価!

※2014 M3 春 以降も各種イベントにて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

relish [PRNI-0002]

M3-2013秋 新譜 Prictnium オリジナルジャズアルバム

紹介コメント

全10曲の全編オリジナル楽曲。Jazzを中心に据えつつ、ファンク、ドラムンベース、ブルース、ソウル、アコースティック、ミュージカル風楽曲など多彩なジャンルに挑んだ今作。Prictnium メンバー三者三様の個性にフォーカスし、前作より盛りだくさんで聴き応えのあるアルバムに仕上がりました。

※本作品の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

トラックリスト

  1. relish -zensai-
  2. Crystalize
  3. 十字航路
  4. Travelin'
  5. relish -hashi yasume-
  6. 夕刻之月、晩秋
  7. Superconductivity
  8. Gray Seen
  9. S.S.S.
  10. relish -shime!-

M3 2013秋 頒布情報

出展スペース:第二展示場1階 う-26b
イベント価格:500円

※2013 M3 秋 以降は各種イベントにて同価格にて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

EarthSia [PRNI-0001]

M3-2012秋 頒布 Prictnium オリジナルジャズアルバム

紹介コメント

全編オリジナル楽曲。ジャズをベースに、メンバーそれぞれの個性を取り入れた6曲構成。──シンプルなブルース進行に基づいたカルテット、しっとりほっこりとした三拍子ピアノトリオ、落ち着きの中に軽快で華やかさのあるボサノバ、ほぼワンコードでジャムセッション風の威勢のいい曲、打ち込みエフェクトリズム隊がスパイスとなる小気味よい曲、アップテンポなボサノバリズムとソロまわし…。6種6様の楽曲を詰め込んだアルバム「イースシア」を是非とも、お楽しみ下さい。

※上記の内容は、M3当日までに予告なく変更の可能性があります。予めご了承下さい。

トラックリスト

  1. Nice Meeting You 5:06
  2. The Place I Love 5:32
  3. EarthSia 3:45
  4. Bitter Coffee 4:27
  5. Momentum 5:42
  6. See You Tomorrow 7:13

M3 2012秋 頒布情報

出展スペース:第一展示場 M-04b
イベント価格:500円

※2012 M3 秋 以降は各種イベントにて同価格にて頒布予定。詳細はその時々の最新情報等をご確認下さい。

アルバムアートワーク

prni-0001aprni-0001b